Skip to main content

爆発物取締罰則 

 

 爆発物取締罰則(通称、爆取)は、明治17年(1884年)に出された勅旨で、現在も法的効力を有します。 

 

 同法は、治安を妨げる又は人の身体・財産を害する目的で爆発物使用することなどを禁止しています(1条)。法定刑は死刑まであります。 

 

・1条 「治安ヲ妨ケ又ハ人ノ身体財産ヲ害セントスルノ目的ヲ以テ爆発物ヲ使用シタル者及ヒ人ヲシテ之ヲ使用セシメタル者ハ死刑又ハ無期若クハ七年以上ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス 

 爆発物とは「理化学上のいわゆる爆発現象を惹起するような不安定な平衡状態において、薬品その他の資料が結合せる物体であって、その爆発作用そのものによって、公共の安全を撹乱し、又は人の身体財産を傷害損壊するに足る破壊力を有するもの」をいいます(最判昭和28年11月13日刑集7巻11号2121頁)。火炎びんはこれに含まれないと解されています。 

 

 また同法は、爆発物を発見した者に警察官に告知する義務を課しています(7条)。 

 

・7条 「爆発物ヲ発見シタル者ハ直ニ警察官吏ニ告知ス可シ違フ者ハ百円以下ノ罰金ニ処ス 
スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。