Skip to main content

[解説] 刑法200条尊属殺人重罰規定違憲判決②(法の下の平等):最高裁昭和48年4月4日大法廷判決

Point 
1.憲法14条1項後段は例示的列挙である 
2.憲法14条1項は不合理な差別的取り扱いを禁じている 
3.憲法14条1項に反するか否かは、立法目的と立法目的達成の手段が合理性であるかによって決するとする判断手法を用いた 
4.刑法200条は、立法目的達成の手段が不合理なため違憲である 

①はこちら

もっとも、刑を加重すること自体はただちに違憲と言えないにせよ、加重の程度が立法目的達成の手段として甚だしく均衡を欠き正当化できない場合は、憲法14条1項に反して違憲となるとします。 

 

「さて、右のとおり、普通殺のほかに尊属殺という特別の罪を設け、その刑を加重すること自体はただちに違憲であるとはいえないのであるが、しかしながら、刑罰加重の程度いかんによつては、かかる差別の合理性を否定すべき場合がないとはいえない。すなわち、加重の程度が極端であつて、前示のごとき立法目的達成の手段として甚だしく均衡を失し、これを正当化しうべき根拠を見出しえないときは、その差別は著しく不合理なものといわなければならず、かかる規定は憲法一四条一項に違反して無効であるとしなければならない。」 

 

 

そして、以下の点を指摘し、刑法200条は立法目的達成のために必要な限度を超え、不合理な差別的取り扱いであるとして、憲法14条1項に反し無効であるとしました。そして、Xについて刑法199条を適用して執行猶予付きの判決を下しました。 

①法定刑が死刑及び無期懲役のみで、殺人罪の法定刑(死刑、無期懲役、3年以上の有期懲役刑)に比して極めて重い 

②現行法上、刑罰を2回にわたり減刑することが可能だが、尊属殺につき2回減刑しても、懲役3年6月を下ることはなく、そのため執行猶予ができない 

③通常の殺人罪規定の適用によっても立法目的を達成できる 

④卑属の行為が刑法200条を適用するほどの非難に値しない場合も存在する(本件もこれに該当すると思われる)し、実際、尊属殺人罪における量刑判断では大部分が減刑されている 

 

 

「この観点から刑法二〇〇条をみるに、同条の法定刑は死刑および無期懲役刑のみであり、普通殺人罪に関する同法一九九条の法定刑が、死刑、無期懲役刑のほか三年以上の有期懲役刑となつているのと比較して、刑種選択の範囲が極めて重い刑に限られていることは明らかである。もつとも、現行刑法にはいくつかの減軽規定が存し、これによつて法定刑を修正しうるのであるが、現行法上許される二回の減軽を加えても、尊属殺につき有罪とされた卑属に対して刑を言い渡すべきときには、処断刑の下限は懲役三年六月を下ることがなく、その結果として、いかに酌量すべき情状があろうとも法律上刑の執行を猶予することはできないのであり、普通殺の場合とは著しい対照をなすものといわなければならない。もとより、卑属が、責むべきところのない尊属を故なく殺害するがごときは厳重に処罰すべく、いささかも仮借すべきではないが、かかる場合でも普通殺人罪の規定の適用によつてその目的を達することは不可能ではない。その反面、尊属でありながら卑属に対して非道の行為に出で、ついには卑属をして尊属を殺害する事態に立ち至らしめる事例も見られ、かかる場合、卑属の行為は必ずしも現行法の定める尊属殺の重刑をもつて臨むほどの峻厳な非難には値しないものということができる。量刑の実状をみても、尊属殺の罪のみにより法定刑を科せられる事例はほとんどなく、その大部分が減軽を加えられており、なかでも現行法上許される二回の減軽を加えられる例が少なくないのみか、その処断刑の下限である懲役三年六月の刑の宣告される場合も決して稀ではない。このことは、卑属の背倫理性が必ずしも常に大であるとはいえないことを示すとともに、尊属殺の法定刑が極端に重きに失していることをも窺わせるものである。」 

「このようにみてくると、尊属殺の法定刑は、それが死刑または無期懲役刑に限られている点(現行刑法上、これは外患誘致罪を除いて最も重いものである。)においてあまりにも厳しいものというべく、上記のごとき立法目的、すなわち、尊属に対する敬愛や報恩という自然的情愛ないし普遍的倫理の維持尊重の観点のみをもつてしては、これにつき十分納得すべき説明がつきかねるところであり、合理的根拠に基づく差別的取扱いとして正当化することはとうていできない。」 

「以上のしだいで、刑法二〇〇条は、尊属殺の法定刑を死刑または無期懲役刑のみに限つている点において、その立法目的達成のため必要な限度を遥かに超え、普通殺に関する刑法一九九条の法定刑に比し著しく不合理な差別的取扱いをするものと認められ、憲法一四条一項に違反して無効であるとしなければならず、したがつて、尊属殺にも刑法一九九条を適用するのほかはない。…」 

スポンサーリンク
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。